カードローンおすすめで低金利

カードローンは低金利で借りることが重要なポイントです!

銀行系カードローンはよく安心と言われますが、本当なのでしょうか。確かに銀行系カードローンは、消費者金融大手の平均貸出金利と比べて低いです。

 

上限金利が14%台のところが多く、審査が通るのであればすぐにでも借換えたほうがいいかもしれません。大手の銀行系カードローンなら、安心感があります。

 

貸主が銀行であるカードローンは、『金利が安く、総量規制もないのでメリットは大きいです。』ただ、消費者金融と比べて、一般的に審査は厳しくなります。銀行系カードローンは、大手銀行グループに属していて、他社より信頼度が高く、金利条件も良いローンが組めるので使いやすいローンです。

 

お金を借りる上での安心というと、やはり、金利が安いというのは、最大の安心材料になります。お金を借りる場合、銀行系、消費者金融系、信販会社系がありますが、そのうち最も金利が安いのが銀行系で一番安心です。これまで銀行というと、安定した収入がある定職のサラリーマンだけお金を貸すイメージがありましたが、最近ではそうしたイメージから脱却しつつあります。

 

銀行系カードローンなら、年収の三分の一までの規制もなく、審査をクリアできれば大口の融資を受けることができ、複数の借り入れがある場合、借金やローンを一本化してまとめることもできるので安心です。それに低金利でキャッシングを使えるため銀行系カードは非常におすすめなんですね!

 

キャッシングを申し込みをするときには上記に書かれているように低金利のものを利用するのが鉄則になってきます。しかし、多くの方は低金利というというと最低金利を見るのですが、キャッシングを利用する多くの方は数十万円しか利用しないことも多いので、その場合には最高金利がかかってしまうことが非常に多いんですね。

 

そのため、金利を安く済ませたい場合には最高金利が他の金融機関に比べて低いのかを確認しましょう!

 

 

おまとめローンは簡単にできるの?

 

借金を一本化するおまとめローンは簡単にできるのでしょうか。複数多社から借金がある場合、月の支払額が増えてしまい、借金で借金を返済する自転車操業になりかねません

 

。返済日も沢山あるので把握しきれなくなりますし、最悪の場合、支払いを怠ってしまい、ブラックリストに載ってしまう恐れもあります。そうならないためには、おまとめローンをする方法もありますが、おまとめローンは簡単にできるのしょうか?

 

消費者金融の場合、貸金業法で年収の1/3までしか借りることができませんので、借金がそれ以上ある場合、審査を通るのはかなり難しいでしょう。銀行系のキャッシングの場合は、貸金業法とは関係がありませんので借金の総額が1/3を超えていたとしてもおまとめローンにできる可能性があります。

 

ただ、借金が多いと、審査に通っても少額しか貸してもらえない場合も多いようです!

 

おまとめローンにしたいなら、今借りている総額より多くの融資額を提示してくれる金融業者を探さなければいけませんから、そう考えるとおまとめローンは簡単ではありません。収入が非常に多く、勤務年数も多い場合には可能かもしれませんが、現実的には厳しいと言わざるを得ません。

 

また、おまとめローンにすることで過払い金が戻ってこなくなるというデメリットがあります。おまとめローンを検討して、審査に挑戦してみるのも良いでしょう。審査に通らなかった場合は、ひとつひとつの金融業者を減らしていき、自分自身のお金の流れを健全化していきましょう。

更新履歴